26_ゴジラ×メカゴジラ (2002) / Godzilla Against Mechagodzilla

再び日本に姿を現したゴジラを超攻撃型メカゴジラが迎え撃つ。迫力のバトル・シーンが最新の特撮技術を駆使して描かれる。延べ9500万人以上の観客を動員した「ゴジラ」シリーズの26作目。監督:手塚昌明、キャスト:釈由美子, 宅麻伸, 小野寺華那

 ・ amazon : 26_ゴジラ×メカゴジラ (2002) / Godzilla Against Mechagodzilla
 ・ amazon prime : 26_ゴジラ×メカゴジラ (2002) / Godzilla Against Mechagodzilla
 ・ Hulu : 26_ゴジラ×メカゴジラ (2002) / Godzilla Against Mechagodzilla
 ・ U-NEXT : 26_ゴジラ×メカゴジラ (2002) / Godzilla Against Mechagodzilla
 ・ dTV : 26_ゴジラ×メカゴジラ (2002) / Godzilla Against Mechagodzilla
 ・ Youtube : 26_ゴジラ×メカゴジラ (2002) / Godzilla Against Mechagodzilla

26_ゴジラ×メカゴジラ (2002) / Godzilla Against Mechagodzilla の概要

延べ9500万人以上の観客を動員した「ゴジラ」シリーズの26作目。政府は、対ゴジラ用兵器の開発に着手し、1954年に死亡したゴジラの骨をベースに生体ロボット、3式機龍(=メカゴジラ)の製造に成功、対特殊生物自衛隊の中に機龍隊が結成される。再び日本に姿を現したゴジラを超攻撃型メカゴジラが迎え撃つ。迫力のバトル・シーンが最新の特撮技術を駆使して描かれる。 (C)2002 TOHO PICTURES, INC. TM & (C)2002 TOHO CO., LTD.

26_ゴジラ×メカゴジラ (2002) / Godzilla Against Mechagodzilla のストーリー

1999年。49年振りに日本に上陸したゴジラに、全く歯が立たなかった特生自衛隊(対特殊生物自衛隊)。その“メーサー砲”オペレーターである家城茜三尉は、戦いの中、自らのミスで上官を死なせてしまい、資料課への転属を言い渡される。一方、政府は湯原教授ら各分野のエキスパートを集め、49年前に“オキシジェン・デストロイヤー”によって死滅したゴジラの骨をベースにした生体ロボット“機龍”(メカゴジラ)の開発に着手。4年後の2003年、遂に“MFS-3 3式機龍”が完成する。ところがその披露式典の途中、再びゴジラが上陸。機龍オペレーターに選抜された茜は、早速、機龍を出動させるが、そのDNAコンピュータに使用されたゴジラのDNAがゴジラの干渉を受け、暴走を始めてしまう。その後、湯原教授による改良がなされ、三度上陸を果たしたゴジラに対し、機龍出撃命令が下った。茜のコントロールの下、ゴジラと壮絶なバトルを繰り広げた機龍は、最大の兵器、絶対零度砲“アブソリュート・ゼロ”をしてゴジラを倒すことは叶わなかったものの、撃退には成功するのであった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 21_ゴジラvsスペースゴジラ (1994) : Godzilla vs. SpaceGodzilla

  2. 22_ゴジラvsデストロイア (1995) / Godzilla vs. Destoroyah

  3. 23_ゴジラ2000 ミレニアム (1999) : Godzilla 2000: Millennium

  4. 11_ゴジラ対ヘドラ (1971) / Godzilla vs. Hedorah

  5. 15_メカゴジラの逆襲 (1975) : Terror of Mechagodzilla

  6. 02_ゴジラの逆襲 (1955) : Godzilla Raids Again

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。