07_ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966) : Ebirah, Horror of the Deep

陸・海・空の大怪獣ゴジラ・エビラ・モスラが大決闘を繰り広げる「ゴジラシリーズ」の第7作。監督:福田純、キャスト:宝田明, 水野久美, 平田昭彦, ペア・バンビ, 渡辺徹

 ・ amazon : 07_ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966) : Ebirah, Horror of the Deep
 ・ amazon prime : 07_ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966) : Ebirah, Horror of the Deep
 ・ Hulu : 07_ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966) : Ebirah, Horror of the Deep
 ・ U-NEXT : 07_ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966) : Ebirah, Horror of the Deep
 ・ dTV : 07_ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966) : Ebirah, Horror of the Deep
 ・ Youtube : 07_ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966) : Ebirah, Horror of the Deep

07_ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966) : Ebirah, Horror of the Deepの概要

陸・海・空の大怪獣が大決闘を繰り広げる「ゴジラ」シリーズ第7作。陸の怪獣ゴジラと空の怪獣モスラが海の凶悪怪獣エビラと対決する。南太平洋で遭難した4人の男が、漂着した島で謎の秘密基地を見つける。基地から逃げ出してきたダヨから”赤イ竹”と呼ばれる組織の悪事を知り、捕らえられた島民を救出するため、島に眠るゴジラを蘇らせる。ゴジラは基地を破壊し、海の王者エビラと対決する。 TM & (C)1966 TOHO CO., LTD.

07_ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘 (1966) : Ebirah, Horror of the Deepのストーリー

南太平洋で遭難した兄の弥太を探すため、良太はヤーレン号というヨットで出航した。良太には学生の市野、仁田、吉村が同行したが、出航後一カ月目に大嵐にあい、ヨットは転覆し、四人は海上に投げ出されてしまった。その時、良太は海中から現われた巨大な鋏を目撃したが、気を失ってしまった。やがて、四人が打ち上げられた所はレッチ島という椰子の生い繁る孤島の渚である。島の娘ダヨは良太たちに食事をさせると奇怪なことを話した。世界制覇を目ざして原水爆を製造する「赤イ竹」一味が人喰い海獣エビラを操って島民を苦しめているという。また、隣のインファント島には平和の使いモスラという大怪獣がいるという。早速、インファント島に渡った良太たちは、そこで兄の弥太と会った。喜んだ良太たちは「赤イ竹」を滅ぼすことを決め対策を練る。やがて、彼らは原子炉破壊を目的に「赤イ竹」一味の地下製造所にもぐり込むが、忽ち発見され危機に陥った。その時、突然現われたのが、ゴジラで、慌てふためいた「赤イ竹」一味はエビラを呼んだ。エビラは巨大な鋏を持っている。良太が嵐の中で見たのはエビラの鋏だったのだ。エビラとゴジラは凄じい決闘を展開した。エビラがゴジラの口から吐き出される放射炎に危うしと見た「赤イ竹」はジェット機を繰り出したが、その時、モスラが現われゴジラに加勢したため、ついに原子爆弾を使うことに決めた。しかし皮肉なことに、原子爆弾で倒れたのはエビラだった。モスラとゴジラは、悠々と去っていく。その間に、良太たちは地下工場を破壊してしまい、「赤イ竹」一味の野望を打ち砕いてしまった。再び平和に戻った島を後に、ヤーレン号に乗った良太たちを、ダヨはいつまでも見送っていた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 10_ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃 (1969) : All Monsters Attack

  2. 100GodZilla.com / ゴジラシリーズ

  3. 13_ゴジラ対メガロ (1973) : Godzilla vs. Megalon

  4. 21_ゴジラvsスペースゴジラ (1994) : Godzilla vs. SpaceGodzilla

  5. 02_ゴジラの逆襲 (1955) : Godzilla Raids Again

  6. H01_GODZILLA ゴジラ (1998) : Godzilla

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。